カテゴリー: 日本語教師になるためには?

難しいと評判の日本語教育検定試験の合格率について

日本語教育検定試験を受けて合格をすれば日本語教師になれます。
働く場所は小学校や中学校などの国語の先生になる事が出来ますが、国家資格が必要になります。
とても難しいと言われている日本語教育検定試験ですが、どれくらいの確率で合格する事が出来るのでしょうか?

【日本語教育検定試験の難しさ】

大学などで日本語教育を専攻している人は自分の実力を知る為に日本語教育検定を受ける事があります。
もちろん大学で日本語教育を専攻していれば、先には国家試験を受けて教員免許の資格を得る事が出来ますが、さらに自分の知識を知りたい人は検定も受けます。
しかしこの教育能力検定試験はとても難しいと言われているのです。
この検定試験は受験資格として学歴や年齢の制限は設けられていません。
なので、大学は卒業していないけれども、教育能力検定試験を合格する事が出来れば日本語教師になれるという位、価値のある検定になります。
では、この難しいと言われている検定ですが、合格率はどれくらいなのでしょうか?

【日本語教育検定試験の合格率】

試験日は毎年10月に行われており、1年に1回だけというレアな試験になります。
合格を目指す人々はこの日の為に一生懸命勉強をしてきているのです。
そして、この試験に合格する率は約2割と言われています。
このことから本当に難しい試験だ!という事が分かるのです。
この試験に合格する為にも年に1回なので、しっかりと対策を練って取り組む必要があるのです。

【計画を立てて学ぼう】

日本語教師になるのは簡単とは言えません。
教育機関で教えるとなると国家資格やこのような検定合格者である必要があります。
なので、将来の夢に向けてしっかりと計画を立てて勉強に取り組むようにしましょう。

経験が大事!日本語教師になる為の勉強方法

日本語教師になりたい!と思っている人は、日本語を教える勉強をしていけなければいけません。
そしていつか教壇に立つ為に夢を追い続けている事でしょう。
では、日本語教師になる為に経験を積む事が必要になってきますが、どんな方法がよいのでしょうか?

【日本語教師になる勉強方法】

日本語教師になる夢を描いている人は、若い人であれば進学の際に大学へ進み、言語学などを専攻して勉強をしていきます。
日本語を詳しく知り、文化や歴史、言葉の由来なども勉強しながら人にどのように教えればいいのか?なども学んでいけます。
大学では最終的には国家資格を取れるようになります。
大学へ通うには時間とお金が必要になってくるのですが、第二の仕事として日本語教師になりたい!と思う人もいます。
そのような人はなかなか大学へ通う事は出来ません。
その場合は、諦めずに通信講座を使ってみましょう。
420時間養成講座を受ける事で日本語教師になれる資格を取る事が出来ます。
通信講座でも学べますし、通学で学ぶ事も出来るので、自分に合った方法を選べるようになっているのです。

【教える為の経験値を上げる方法】

大学で勉強をしている場合は教育実習というものがあるので、授業をそのままを経験する事が出来ます。
自分で講座の内容をプログラムして、生徒に分りやすく教えるという事を実体験を持って勉強します。
420時間養成講座の場合では、なかなか実習が出来ません。
しかしビデオなどでどのような授業を進めればいいのか?という事を学べます。

【実習を出来るだけ増やした勉強法をしよう】

人に教えるという事は決して簡単ではありませんし、質問などにもクリアに答えてあげる義務があります。
だからこそ、日本語を教える能力だけをあげるのではなく、実体験に取る時間はとても大切な期間なのでそれも含めて学ぶようにしていきましょう。

日本語教師になる為に取っておくとよい資格

日本語教師になるにはもちろん、資格というものが必要になってきます。
資格と取ることで、教育機関で日本語を教える事が出来る「先生」という立場になる事が出来ます。
では、どのような資格が必要になってくるのでしょうか?

【420時間養成講座を修了】

日本語をただ話す事が出来るだけでは「先生」と呼ばれる存在になる事は出来ません。
もちろん私たちは日本語を母国語として不自由なく生活は出来ていますが、日本語を教える立場になるのは、日本語を話せるだけでは不十分なのです。
なので、日本語を教える為の勉強が必要になってくるのです。
その為の用意されているのが420時間養成講座になります。
このプログラムでは日本語能力を高めてつつ、教えるという練習も併用して進められていきます。
この課程を修了する事で各教育機関でも日本語教師として活躍する事が出来るのです。

【資格取得にかかる時間とは?】

420時間養成講座資格を取得するには、通学か通信教育、または海外留学の選択肢があります。
短期集中的に勉強するタイプや、仕事終わりの空いた時間で勉強するタイプなど様々ではありますが、自分でプランを選べます。
短期的に頑張りたい場合は3ヶ月間から6ヶ月間での集中的に課程を修了出来るコースもあります。
また、時間に余裕を持って学びたい人は1年間かけて修了することも出来ます。

【採用される為には経験値を上げる】

資格を取ったからと言ってすぐに現場で働けるのか、ボランティアなどで経験を積んでから教育機関で働くなどは自分でプラン立てて決めていきましょう。
教育機関などでは、実技などの面接がある所もあるので、日本語を教える事に慣れてから応募をすると採用されやすいと思います。

日本語教師で仕事をする際に必要な資格はあるの?

日本語教師になれば日本語を教える事が出来て、先生になれます。
主に外国人を生徒に教えたいという人もいると思いますが、日本には日本語が学べる私立のスクールも多く存在しています。
では、そんな場所で日本語講師として活躍する為にはどのような資格などが必要なのでしょうか?

【日本語スクールの需要】

日本には各地で日本語を勉強したい!という意欲のある外国人の為に日本語スクールがあります。
もちろんその都市でスクールの数などは違ってはきますが、東京や大阪、福岡などの大都会では多く選べる程のスクールがあります。
日本語はそこまで人気がない言語とも思われており、もちろん英語やスペイン語、中国語に比べてしまうと比較的需要は少ない言語ではあります。
しかし、日本で暮らす為や、日本の文化が好きだから、また日本人と結婚をして住む事になった人や仕事をしたい人の為に日本語スクールはあります。
インターナショナルな生徒が溢れる日本語スクールですが、そんな生徒たちの為に日本語の先生を目指している人もいます。
外国人に日本語を教える立場になる為には資格なども必要にはなってきますが、主なスクールではクリアすべき資格が決まっていると言われています。

【日本語教師になる為のクリアすべきポイント】

まず日本語スクールでは各スクールに採用の条件というものがあり、違う場合もあります。
その中でも特に採用の時に重視される資格などをを紹介したいと思います。
日本語教育検定試験に合格をすれば日本語に関する知識があるとみなされます。
合格をしていれば、日本語を教える経験が無かったとしても、その頭脳を認められ採用される事があります。
日本語を教える事に関しては全く勉強をした事がないけれども、大学や大学院を卒業しているのであれば採用される事もあります。

【日本語教師になるには・・】

このように日本語教師になるには、クリアすべきポイントはありますが、絶対に教員免許が必要という事はないようです。
それは各スクールでも条件が違ってきますので、詳しい情報は働きたいスクールに問い合わせるのがベストでしょう。

グローバルな企業で日本語講師になる為の資格とは?

日本語教師になれば色々な所で活躍が出来ると言われています。
教師と聞けば、学校などでしか職がないようにも聞こえるのですが、実は企業などが外国人社員の為に日本語教師を派遣するという事も行っています。
では、企業で日本語教師として働くにはどのような資格が必要なのでしょうか?

【企業側が日本語教師を派遣する条件】

日本では様々な国の人が企業で働いています。
そして企業にもよりますが待遇として無料で日本語レッスンが出来るという所もあります。
外国人社員たちが日本でより楽しく充実した生活が出来るように企業側からのささやかな気遣いでもあるのです。
そして日本語を勉強していく上で、外国人社員たちは更に日本の文化に触れる機会が出来て、社員同士でも溝が出来ないような会社作りを目指しているものです。
では、そんな企業での日本語教師になりたい場合にはどのような資格が必要になってくるのでしょうか?

【企業で日本語教師になれる資格とは?】

このような外国人社員がいる企業はグローバルな会社でもあるので、社内では英語が基準になっている所もあります。
なので、望まれる人材としては、英語が話せて日本語を教えられる資格を持っている者になります。
日本語を教える事が出来ても英語が出来なければなかなかコミュニケーションが取れません。
なので、英語で日本語の授業が出来れば尚よしなのです。
その為には大学で日本語教育を専攻していたり、420時間養成講座を修了しているなどの資格が必要です。

【英語と日本語教育に自信があれば出来る】

グローバルな企業で日本語教師になるのは決して簡単ではありません。
けれども英語にも日本語教育にも自信がある!という人こそ出来る仕事なのではないでしょうか?