日本語教師になる為に取っておくとよい資格

日本語教師になるにはもちろん、資格というものが必要になってきます。
資格と取ることで、教育機関で日本語を教える事が出来る「先生」という立場になる事が出来ます。
では、どのような資格が必要になってくるのでしょうか?

【420時間養成講座を修了】

日本語をただ話す事が出来るだけでは「先生」と呼ばれる存在になる事は出来ません。
もちろん私たちは日本語を母国語として不自由なく生活は出来ていますが、日本語を教える立場になるのは、日本語を話せるだけでは不十分なのです。
なので、日本語を教える為の勉強が必要になってくるのです。
その為の用意されているのが420時間養成講座になります。
このプログラムでは日本語能力を高めてつつ、教えるという練習も併用して進められていきます。
この課程を修了する事で各教育機関でも日本語教師として活躍する事が出来るのです。

【資格取得にかかる時間とは?】

420時間養成講座資格を取得するには、通学か通信教育、または海外留学の選択肢があります。
短期集中的に勉強するタイプや、仕事終わりの空いた時間で勉強するタイプなど様々ではありますが、自分でプランを選べます。
短期的に頑張りたい場合は3ヶ月間から6ヶ月間での集中的に課程を修了出来るコースもあります。
また、時間に余裕を持って学びたい人は1年間かけて修了することも出来ます。

【採用される為には経験値を上げる】

資格を取ったからと言ってすぐに現場で働けるのか、ボランティアなどで経験を積んでから教育機関で働くなどは自分でプラン立てて決めていきましょう。
教育機関などでは、実技などの面接がある所もあるので、日本語を教える事に慣れてから応募をすると採用されやすいと思います。