難しいと評判の日本語教育検定試験の合格率について

日本語教育検定試験を受けて合格をすれば日本語教師になれます。
働く場所は小学校や中学校などの国語の先生になる事が出来ますが、国家資格が必要になります。
とても難しいと言われている日本語教育検定試験ですが、どれくらいの確率で合格する事が出来るのでしょうか?

【日本語教育検定試験の難しさ】

大学などで日本語教育を専攻している人は自分の実力を知る為に日本語教育検定を受ける事があります。
もちろん大学で日本語教育を専攻していれば、先には国家試験を受けて教員免許の資格を得る事が出来ますが、さらに自分の知識を知りたい人は検定も受けます。
しかしこの教育能力検定試験はとても難しいと言われているのです。
この検定試験は受験資格として学歴や年齢の制限は設けられていません。
なので、大学は卒業していないけれども、教育能力検定試験を合格する事が出来れば日本語教師になれるという位、価値のある検定になります。
では、この難しいと言われている検定ですが、合格率はどれくらいなのでしょうか?

【日本語教育検定試験の合格率】

試験日は毎年10月に行われており、1年に1回だけというレアな試験になります。
合格を目指す人々はこの日の為に一生懸命勉強をしてきているのです。
そして、この試験に合格する率は約2割と言われています。
このことから本当に難しい試験だ!という事が分かるのです。
この試験に合格する為にも年に1回なので、しっかりと対策を練って取り組む必要があるのです。

【計画を立てて学ぼう】

日本語教師になるのは簡単とは言えません。
教育機関で教えるとなると国家資格やこのような検定合格者である必要があります。
なので、将来の夢に向けてしっかりと計画を立てて勉強に取り組むようにしましょう。