日本語教師になる3つの方法とは?

日本語教師に興味のある方、日本語教師になるための方法をご紹介します。 - 経験が大事!日本語教師になる為の勉強方法

経験が大事!日本語教師になる為の勉強方法

日本語教師になりたい!と思っている人は、日本語を教える勉強をしていけなければいけません。
そしていつか教壇に立つ為に夢を追い続けている事でしょう。
では、日本語教師になる為に経験を積む事が必要になってきますが、どんな方法がよいのでしょうか?

【日本語教師になる勉強方法】

日本語教師になる夢を描いている人は、若い人であれば進学の際に大学へ進み、言語学などを専攻して勉強をしていきます。
日本語を詳しく知り、文化や歴史、言葉の由来なども勉強しながら人にどのように教えればいいのか?なども学んでいけます。
大学では最終的には国家資格を取れるようになります。
大学へ通うには時間とお金が必要になってくるのですが、第二の仕事として日本語教師になりたい!と思う人もいます。
そのような人はなかなか大学へ通う事は出来ません。
その場合は、諦めずに通信講座を使ってみましょう。
420時間養成講座を受ける事で日本語教師になれる資格を取る事が出来ます。
通信講座でも学べますし、通学で学ぶ事も出来るので、自分に合った方法を選べるようになっているのです。

【教える為の経験値を上げる方法】

大学で勉強をしている場合は教育実習というものがあるので、授業をそのままを経験する事が出来ます。
自分で講座の内容をプログラムして、生徒に分りやすく教えるという事を実体験を持って勉強します。
420時間養成講座の場合では、なかなか実習が出来ません。
しかしビデオなどでどのような授業を進めればいいのか?という事を学べます。

【実習を出来るだけ増やした勉強法をしよう】

人に教えるという事は決して簡単ではありませんし、質問などにもクリアに答えてあげる義務があります。
だからこそ、日本語を教える能力だけをあげるのではなく、実体験に取る時間はとても大切な期間なのでそれも含めて学ぶようにしていきましょう。