グローバルな企業で日本語講師になる為の資格とは?

日本語教師になれば色々な所で活躍が出来ると言われています。
教師と聞けば、学校などでしか職がないようにも聞こえるのですが、実は企業などが外国人社員の為に日本語教師を派遣するという事も行っています。
では、企業で日本語教師として働くにはどのような資格が必要なのでしょうか?

【企業側が日本語教師を派遣する条件】

日本では様々な国の人が企業で働いています。
そして企業にもよりますが待遇として無料で日本語レッスンが出来るという所もあります。
外国人社員たちが日本でより楽しく充実した生活が出来るように企業側からのささやかな気遣いでもあるのです。
そして日本語を勉強していく上で、外国人社員たちは更に日本の文化に触れる機会が出来て、社員同士でも溝が出来ないような会社作りを目指しているものです。
では、そんな企業での日本語教師になりたい場合にはどのような資格が必要になってくるのでしょうか?

【企業で日本語教師になれる資格とは?】

このような外国人社員がいる企業はグローバルな会社でもあるので、社内では英語が基準になっている所もあります。
なので、望まれる人材としては、英語が話せて日本語を教えられる資格を持っている者になります。
日本語を教える事が出来ても英語が出来なければなかなかコミュニケーションが取れません。
なので、英語で日本語の授業が出来れば尚よしなのです。
その為には大学で日本語教育を専攻していたり、420時間養成講座を修了しているなどの資格が必要です。

【英語と日本語教育に自信があれば出来る】

グローバルな企業で日本語教師になるのは決して簡単ではありません。
けれども英語にも日本語教育にも自信がある!という人こそ出来る仕事なのではないでしょうか?