日本語教師になる3つの方法とは?

日本語教師に興味のある方、日本語教師になるための方法をご紹介します。 - 日本語教師になる3つの方法とは?

日本語教師になる3つの方法とは?

先生になるという夢を持っている人は多いと思いますが、日本語に興味を持っている海外の人達に日本語を教えるという夢を持った人達もいます。
日本語の良さを文化を通して海外の人達に伝え、レベルアップしていく様子が見れるのは最高の仕事でもあります。
日本語教師になる為にはどのような資格などが必要になってくるかと思いますが、そこで重要な3つの方法を紹介したいと思います。

【日本語教育能力検定試験に合格】

rgeaga日本語を教えるにはやっぱり日本語の能力がなければいけません。
また、日本語はとても難しく、日本語を話せるからといって、この日本語教育能力検定試験に合格するとは限りません。
どれだけの単語や熟語を理解しているのか?それにまつわることわざ、言葉の由来、文法の理解力なども必要になってきます。
この試験は自分の日本語能力を検定するものではあり、日本語を教えるという試験ではありません。
しかし資格を持つ事で、日本語を教える側になれるという事なのです。
合格率はたったの2割程度と言われていますが、日本語についての知識を深めた上で日本語教師になりたいという夢があるのであれば資格を取る事は重要でしょう。

【日本語教師420時間養成講座を修了する】

日本語を教えるには日本語の正しい知識は必要になります。
しかし、どのようにその自分の持っている日本語の知識を人に教えるのか?という点を勉強する必要もあるのです。
日本語教師養成講座を受け修了する事で日本語を教えられる資格を得られます。
正しい日本語を学びながらどうやって人に教えていくのか?という事を重視した講座になっているので、本番の授業を体験しながら演習が出来ます。
講座内容には日本語教育能力検定試験の内容も全てではありませんが含まれているので、自分も日本語を勉強しながら、教え方も学べます。
スクールに通う事も出来たり、通信教育、また海外で420時間養成講座を受ける事も可能いなっています。

【大学、大学院を卒業する】

4年生の大学を卒業していたり、大学院を卒業していると日本語教師の求人の採用される事はあります。
もちろん日本語を教える知識は必要にはなるのですが、まず第一ステップとして卒業をしていると教師になれるという職場もあります。
教師を体験しながら日本語教育能力検定試験を受けたり、420時間養成講座を修了する人もいます。
他の仕事もですが、大学を卒業していると就職にはとても有利な事が分りますね。
また、大学で日本言語学などを学び、大学院で研究している人達は大学で教えるまたは教授になれるという可能性も大きくあります。

【日本語教師になろう!】

regaこのように日本語教師になるには、「日本語教育能力試験合格」「日本語教師420時間養成講座修了」「大学・大学院卒業」と3つのクリアするとより夢が叶うという事です。
3つ共クリアすればもちろん就職にも強いと思いますが、実は1つだけクリアしていても採用されるプライベートスクールなどもあります。
自分の将来を考えて、日本語教師になりたい!という夢を若いうちから持つ事が出来れば、大学ではそれを専攻して勉強するとよりスムーズになります。
転職を機に日本語教師になりたい!と考える人達は資格を取る事で第二の人生をスタートさせる事が出来るのです。
自分のしたい事を夢にして、その職業に就けるという事はとても嬉しい事でもありますよね。
なので、学びは永遠でもありそれがあってこそ今の自分の人生を作っていく事が出来るのです。
日本語教師を目指す人達はまずはこの3つのポイントを意識して学習に取り組むようにしましょう。

日本語教師を目指すなら、TCJ/東京中央日本語学院 https://xn--euts3n8lg6bk91h.jp.net/

新着情報

◆2017/02/03
日本語教師になる3つの方法とは?の情報を更新しました。
◆2017/01/30
企業概要を新規投稿しました。
◆2017/01/30
難しいと評判の日本語教育検定試験の合格率についての情報を更新しました。
◆2017/01/30
経験が大事!日本語教師になる為の勉強方法の情報を更新しました。
◆2017/01/30
日本語教師になる為に取っておくとよい資格の情報を更新しました。